素材で選ぶ
業務用・会社用ユニフォームの相互ユニフォームセンター HACCP(ハセップ)対応素材の作業着などをご紹介
 
特殊素材で何ができるの?
たとえば綿100%の素材は汗をよく吸います。でも綿には縮む、型崩れする、等の欠点があります。
しかし、最近では綿100%でも生地加工によって速乾性・防シワ性・安定性を高めた商品が開発されてきています。より快適に過ごすために素材も進化しているのです。
作業服(現場用・商談用・ツナギ・鳶・警備服)をお使いのお客様の場合
鉄工所のお客様の場合
食品業のお客様の場合
商品種類をご覧になりたい場合は左メニューの取り扱い商品をご覧ください。
 
作業服(現場用・商談用・ツナギ・鳶・警備服)をお使いのお客様の場合
現場での作業ではやはり素材へのにこだわりは重要ですよね。
電気やガスを扱うので静電気を防ぎたい、汚れやすいので洗濯して早く乾かしたい。夏は涼しく、冬は暖かく作業したい。
機能にこだわった作業着がたくさんありますよ。
作業服(現場用・商談用・ツナギ・鳶・警備服)をお探しの方は
こちらをご覧下さい。
作業服(現場用・商談用・ツナギ・鳶・警備服)をお使いのお客様の場合
鉄工所のお客様の場合
火花が散る様な、工場での作業にはポリエステルの多いユニフォームではすぐ穴が開いてしまいます。それなので、作業服は綿素材のものが最適です。
以前は綿100%の作業服では暗いイメージの商品しかなくて、選択の幅は狭いものでしたが、今ではカジュアルテイストが取り入れられたユニフォームが登場しています。
鉄工所など、作業用のユニフォームをお探しの方はこちらをご覧ください。
鉄工所のお客様の場合
食品業のお客様の場合
食品工場等では、人為的要素の他、科学的や生物学的な要素で危険が発生します。そこでHACCP対応の商品として制菌・制電・低発塵素材を使い、SEKの厳しい安全性基準をクリアーした商品等、より専門的で特殊なユニフォームも登場しております。
食品業(食品工場)向けのユニフォームをお探しの方はこちらをご覧ください。
食品業のお客様の場合
素材のポイント
素材には様々なことが求められています。たとえば、帯電防止・形状安定・防縮・防しわ・ソフト加工・ストレッチ・抗菌・防臭・吸汗・速乾・防汚・撥水・低発塵などなど・・・。様々な研究を行った上で作られているのです。
その他グリーン購入法対応商品や新原材料リサイクル対応商品等のエコ素材を用いて作られた商品もありますし、リサイクル推進企業様にはエコマークの付いた商品などもございます。

デザインについてはこちら
機能性ついてはこちら
加工についてはこちら
ユニフォームの選び方はこちら

ユニフォームをご覧になりたい方はこちらをご覧ください
ユニフォーム商品一覧 作業服 白衣 事務服(女子社員用企業制服) サービスウェア
よくあるご質問

相互ユニフォームセンターについてもっと知りたい方は下のリンクをクリックしてください。
ユニフォーム面白活用法 相互ユニフォームセンターのサービス体制について
お客様への対応事例 納品までの流れ
 
ページのトップへ
お問い合わせはこちら